【紫外線対策】髪用の日焼け止めは必要?

こんにちは、ネッツビーです。夏の暑さが近づくにつれ、気になる紫外線対策。肌への対策は習慣化しつつありますが、髪や頭皮への紫外線対策って意識してますでしょうか。

今回は、気になっている人も多い『髪・頭皮への紫外線対策』について紹介します。

目次

  1. 紫外線があたえる髪や頭皮への影響
  2. 気になる紫外線対策
  3. おすすめUVカットアイテム【サロン専売品】

夏の日差しがあたえる髪や頭皮への影響

紫外線が肌に与える影響はみなさんご存じの通りですので、ここでは髪や頭皮に与える影響について解説します。

髪への影響

髪の乾燥・パサつき

肌同様に、髪や頭皮も乾燥するため、髪がパサついたり、頭皮がカサカサしてしまいます。髪は乾燥すると、つやを失い手触りも悪くなります。

また、髪の主成分であるケラチンタンパクにもダメージを及ぼすため、切れ毛や枝毛の原因にも。

髪のダメージ進行

紫外線は髪表面のキューティクルを損傷させるため、髪内部へも影響が起こりやすくなります。キューティクルが剥がれていると、その部分から髪内部にとどまっていた水分や栄養分が流出してしまうため、ダメージが進行してしまいます。

髪色の退色

上記にもあるように、キューティクルが剥がれると水分や栄養分が流出すると同時に、毛髪内部にとどめていた染料も流れ落ちてしまいます。ちなみに、カラー施術後に色素が定着する前にシャンプーをしてしまったり、普段のアイロン・コテも退色しやすくなるので、自分の今の髪にあうアイテム選びが重要です。

頭皮への影響

頭皮の日焼け

肌と同様と言いたいところですが、頭頂部は腕などよりも太陽に近い位置にあるため、より日焼けしやすいといわれています。なので、つむじや分け目の紫外線対策は必須。日焼けすると、赤みももってしまったりすることも少なくありません。正常な頭皮の色は本来青白いので、もし赤みを感じるようなら冷やすなどして、ほてりをとるなどのアフターケアをしましょう。

頭皮の乾燥・かゆみ・炎症

頭皮が乾燥してくると、肌と同じようにバリア機能が低下してしまい、外部からの刺激に敏感になることも。また、日焼けの状態がひどいときは、かゆみや炎症も発生し、フケやかさぶたが生じることもあります。ひどくなる前のアフターケアが大事ですが、症状がひどい場合は受診するなどしましょう。

髪の成長の阻害

頭皮の健康が損なわれると、髪の毛根などに影響を及ぼすため、髪の毛の成長サイクルが乱れてしまいます。抜け毛や薄毛の原因にもなるため、紫外線ケアはもちろん、定期的なスカルプケアもおすすめです。

夏に受けた頭皮ダメージは、秋ごろの抜け毛や秋冬の頭皮環境にかかわるので、ダメージをためないようにするのが◎。

netsbee
netsbee

日傘や帽子で紫外線対策をしていても、特に長い髪の場合、毛先は十分にケアしきれない可能性も。UV効果のあるヘアスプレーやヘアミルクで毛先をしっかり守りましょう。

また、屋外レジャーを楽しむ場合は、うっかり頭皮焼けのリスクがあるので、スプレータイプで髪のケアと一緒につむじや分け目もしっかり対策をしましょう。

髪や頭皮の紫外線対策

  • 日傘や帽子を使用する
  • 髪や頭皮にも日焼け止めを使用する
  • アウトバストリートメントなどで保湿をする

日傘や帽子は、日焼け止めと違い、塗りなおしや塗りムラの心配が不要。また、熱中症対策としても。SPF値などを確認し、効果のあるものを使用しましょう。毛先などのカバーしきれない部分は、日焼け止めを使用するのが◎。帽子を選ぶ際は、通気性をチェックするようにしましょう。長時間、帽子を着用していると汗やムレ、ニオイの原因になり、頭皮環境を悪化させることも。

日焼け止めは、塗りなおしや塗りムラの心配はありますが、プールやフェスなどの手荷物の制限がある場合でも簡単に対策ができます。また、1本あれば周囲の人と共有しやすいのも◎ですよね。

塗りなおしのタイミングは、2-3時間おきと記載があることが多いですが、ノンケミカルタイプ(紫外線散乱剤)のものなら基本的に流れ落ちるなどしないのであれば、さほど塗りなおしの心配はありません。紫外線吸収剤を使用した日焼け止めの場合は、成分の特性上、こまめな塗りなおしをおすすめします。

サロン専売品の髪に使える日焼け止めには、保湿成分やダメージ成分も含まれていることも多いので、UVケアしつつ髪にとってもプラスです。夏に限らず、一年中の使用でも問題ありません。

また、紫外線ダメージを最小限にするという点では「乾燥を防ぐ」ことも大事なので、アウトバストリートメントやヘアオイルなどで保湿を心がけましょう。普段より紫外線を多く浴びたと感じたら、保湿だけでなく、流れ出てしまった栄養分や染料を髪の毛にチャージするようにしましょう。放置してしまうと、さらにダメージが進みやすくなるので、普段使用するトリートメント以外に、集中ケアトリートメントやカラーシャンプーを用意しておけば、気づいたときに使用できるので◎。

おすすめUVカットアイテム

髪も頭皮も手軽にケア

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー

夏の人気商品『ミーファ』は髪はもちろん全身に使える日焼け止めスプレー。人気のマグノリアをはじめ、選べるフレグランスは無香料を含め全8種。2024年新発売の香りはミモザで、ピーチとジャスミンが品よく香る、甘く爽やかな香り。シトラスグリーンや無香料は男性も使いやすいので、甘い香りが苦手な方におすすめです。UVカット効果に加え、保湿、マスキング効果あり。SPF50+ PA++++

セフティ コキュウ ノンケミカルUVカットスプレー

ノンケミカルタイプ(肌にやさしい紫外線散乱剤を使用)のUVスプレー。こちらも髪だけでなく全身に使えます。キャップがないロック式のスプレーなので、カバンの中での誤作動もなくキャップ紛失のストレスもなし。UVカット効果だけでなく、毛髪補修・保湿といったトリートメント効果あり。香りはコキュウオリジナルのオレンジ&パチョリ以外に、サクラも。SPF50+ PA++++

デミ ハレマオ UVカットスプレー

汗や水に強いスーパーウォータープルーフタイプ。こちらも髪だけでなく全身に使えます。クールタイプは紫外線対策しつつ、暑さをやわらげる清涼感。屋外レジャーにぴったりのUVスプレーです。KEはノーマルタイプで、キウィフルーツxユーカリの甘く爽やかな香り。LTはクールタイプで、ライムxティーツリーの爽やかな香り。SPF50+ PA++++

ヘアミルクもおすすめ

ミルボン ディーセス エルジューダ サントリートメント エマルジョン

人気のエルジューダの夏向けUVケアアイテム。しっかり保湿しつつ、UVケアも。髪だけでなく、頭皮にも使えます。屋外レジャーには紫外線カット値が低いので、普段のおでかけなどにおすすめです。SPF25 PA+++

タマリス ソルティール UVケアミルク

保湿成分に加え、ポリューションキャッチャーを配合しているので、紫外線対策だけでなく、PM2.5などの微粒子によるダメージ対策もできるヘアミルク。髪や肌に使えます。こちらも、紫外線カット値は低めなので、普段のお出かけ時に。SPF16 PA++

髪も頭皮も紫外線対策をして、きれいな髪に

キレイな髪もうっかり日焼けしてしまうと残念な印象に。ヘアカラーしている人や毎日ヘアアイロンを使う人は特にダメージを受けやすいので、しっかりUVケアを行いましょう。カラーなどをしていない人も、健康な頭皮作りをしていくという点ではUVケアは必須です。

今年の夏は、お出かけ前に髪・頭皮のUVケアの習慣化していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です