肌悩みに!しっとり潤うビタミンC誘導体美容液

こんにちは、ネッツビーです。

鏡をのぞいたときにふと気づくニキビや肌荒れに乾燥。生活環境や食生活の変化、季節の変わり目など肌トラブルの経験は誰にでもありますよね。

肌トラブルの最大の原因は【乾燥】

『スキンケアの基本は保湿』ともいわれるほど、しっかり潤った肌はトラブルを起こしにくいといわれています。

普段の生活の中にも乾燥してしまう原因はいくつかあります。

  • 空気の乾燥
  • 紫外線
  • 間違ったケア

空気の乾燥というと、冬をイメージしやすいですが、夏の室内も要注意!クーラーを使用していることで室内の湿度が落ち、肌の乾燥にも影響があります。また、夏は紫外線の影響も気になりますね。そして、うっかり油断してしまうのが春と秋。紫外線ケアはもちろん、冬や夏に受けたダメージを回復させるためにも、しっかりとしたケアが必要です。

美肌ケアに人気の【ビタミンC誘導体美容液】

化粧品に配合されているビタミンCは、[ピュアビタミンのビタミンC]と[ビタミンC誘導体]に大きく分かれ、ビタミンC誘導体は、ビタミンCになる前の成分です。ビタミンC誘導体をお肌に塗ると、体内の酵素によってビタミンCへ変化し、抗酸化作用や美白作用など、ビタミンC本来の作用を発揮します。

幅広い世代から人気を集めているビタミンC誘導体ですが、大きく分けると3種類あるのをご存じでしょうか。それぞれ期待できる効果や使い心地が違うので、自分にあった成分を選ぶのがポイントです。

【水溶性ビタミンC誘導体】

即効性が高く、短時間で吸収されやすいのが特徴。さらっとした質感で、化粧水や美容液に用いられることが多い成分。ピリピリした刺激を感じることも。代表的なものとして、リン酸アスコルビル、アスコルビン酸グルコシド、3-O-エチルアスコルビン酸など。

【脂溶性ビタミンC誘導体】

油分と結合することで分解されにくく、長時間かけて浸透していくのが特徴。 吸収が遅いので効果を実感するのに時間がかかってしまいます。乳液やクリーム、ジェルに配合されることが多い成分。水溶性のものよりも刺激を感じにくいといわれています。代表的なものは、テトライソパルミチン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビルなど。

【両親媒性ビタミンC誘導体 】

水溶性・脂溶浸透性、持続性などもあるのが特徴。低刺激ともいわれています。浸透型ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体とも呼ばれています。代表的なものには、パルミチン酸アスコルピルリン酸3Na、3-グリセリルアスコルビン酸、イソステアリルアスコスピルリン酸2Na、ミリスチル3-グリセリルアスコルピン酸など。

特徴
水溶性
ビタミンC誘導体
即効性が高く、短時間で吸収
刺激を強く感じる場合もあり
脂溶性
ビタミンC誘導体
長時間かけて浸透
低刺激
両親媒性
ビタミンC誘導体
即効性も浸透性、持続性も◎
低刺激

ミエルのビタミンCは【両親媒性ビタミンC誘導体】

ネッツビーのミエル VC エッセンスは、3-グリセリルアスコルビン酸を30%配合。低刺激で、少量でノビが良く、保湿性が高いのが特徴です。ピュアビタミンと違い光毒性のない成分なので、朝晩問わずお使いいただけます。

このような方におすすめ

  • ハリやツヤが欲しい
  • 毛穴が目立ってきた
  • 乾燥や肌荒れが気になる

就寝前や起床時など洗顔後の化粧水の前にご使用ください。

ミエル VC エッセンス / 50mL

【内容量】50mL

【通常価格】2,530円

【成分】水、3-グリセリルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体30%)、グリセリン

【発売元】美的感覚集団 美髪堂株式会社

【製造販売元】株式会社天真堂

医薬部外品メーカーとの共同開発

  • 毎日お肌に使うものだからこそ成分にもこだわりたい。
  • 朝晩たっぷり惜しみなく使いたい

今まで数多くのスキンケアの医薬部外品を製造販売してきた天真堂との共同開発することで、低価格で大容量を実現。スキンケアで悩むすべての方に、安心して手に取りやすいビタミンC誘導体美容液を目指しました。

どんなに評判のいいスキンケアアイテムを使っても、使い方次第では自分の期待とした効果とは異なることも。自分に合ったビタミンC誘導体美容液を選んで、乾燥しらずのしっとりもち肌をめざしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

18 + 1 =