春の訪れとともに、頭皮トラブルにも注意を

春の訪れとともに、私たちの髪や頭皮も変化を迎えます。気温や湿度の変化、花粉やPM2.5などの微粒子のまう季節によって、頭皮トラブルが増えることがあります。頭皮トラブルというと男性のイメージが強くなりがちですが、加齢とともに女性の頭皮の悩みも増えていきます。そこで今回は、春に起こりがちな頭皮トラブルについて考え、その対策として頭皮用化粧水についてご紹介します。

目次

  1. 春に起こりがちな頭皮トラブル
  2. 男女での頭皮の乾燥の違い
  3. 頭皮のニオイについて
  4. 春の頭皮ケアの方法
  5. 頭皮ケアは『未来の自分への投資』
  6. 頭皮用化粧水・頭皮ケアスプレーの選び方

春に起こりがちな頭皮トラブル

春の到来とともに、頭皮トラブルが増える主な要因には以下のようなものがあります。

  • 乾燥: 冬の乾燥ダメージのケアが十分にできていない場合、春まで乾燥が続きます。
  • 花粉や微粒子による炎症やかゆみ: 春は花粉やPM2.5などの微粒子が舞いやすい季節です。これらが頭皮に付着することで、かゆみや炎症を引き起こす可能性があります。
  • 紫外線:春は紫外線が増えてくる季節。うっかりケアを怠ると様々な紫外線ダメージを受けてしまうことも。
  • 生活環境の変化: ストレスによるホルモンバランスなどの乱れは、薄毛や抜け毛の原因だけでなく髪質の低下にもつながります。

乾燥

冬は乾燥の季節。冬の時期の乾燥対策が十分でなかった場合、バリア機能が低下したまま春シーズンを迎えると、肌の乾燥が一気に加速します。肌同様、頭皮も乾燥しやすいので季節に合ったスカルプケアが重要です。

花粉や微粒子による炎症や痒み

春は花粉やPM2.5などの微粒子がまいやすくなります。これらが髪や頭皮に付着することで、頭皮の炎症やかゆみなどの肌荒れをひきおこすことも珍しくありません。特に痛んだ髪や乾燥した髪は静電気をおびやすく、花粉などが付着しやすくなります。静電気を抑制するスプレーやヘアブラシ、しっとり保湿できるトリートメントの使用がおすすめです。

紫外線

春は紫外線が増えてくる時期です。顔や肌の日焼け対策同様に、頭皮の日焼け対策も大切です。身体の中でも一番太陽に近い位置にあるのが頭皮。いくら髪の毛におおわれているとはいえ油断は禁物です。特に、つむじや分け目付近は頭皮の中でも日焼けしやすい部位なので注意しましょう。髪や頭皮に使えるUVスプレーを選んで紫外線対策をすれば、髪の日焼けも防げるので髪質の低下や髪色の退色も軽減できます。

出典:気象庁ホームページ https://www.data.jma.go.jp/env/uvhp/link_uvindex_month54.html

生活環境の変化

春は新生活などによる環境の変化や、一日の中で気温の変化が大きかったりと気づかいないうちにストレスをためてしまいがちになります。ストレスによるホルモンバランスや自律神経の乱れは、全身の血行不良につながってしまいます。もちろん、頭皮も血行不良になってしまうため、薄毛や抜け毛の原因だけでなく髪質の低下にも。シャンプー時の頭皮マッサージや、ドライヤー前の頭皮用美容液などを使用するとリラックス効果やコリをほぐしてくれるのでおすすめです。頭皮マッサージは、シャンプーブラシやスカルプブラシでもいいですし、指の腹を意識して髪の生え際や耳の後ろあたりをほぐすと◎です。

男女での頭皮の乾燥の違い

男性と女性では頭皮の特性に違いがあり、女性の方が乾燥しやすい傾向にあります。

一般的に、男性の頭皮は女性よりも油分が多く、皮脂の分泌量も多い傾向があります。そのため、男性の頭皮は比較的乾燥しにくい傾向があり、女性は乾燥しやすいとされています。さらに、年齢を重ねるとともに皮脂の分泌量の低下や保湿因子の減少の影響もあり、より乾燥しやすく頭皮トラブルを抱えやすくなるので、シャンプーやヘアケア用品の見直しをしましょう。

また、髪が長かったりヘアアレンジをしていたりで、一度の入浴で複数回シャンプーをしていると、必要以上に皮脂を洗い流してしまい、乾燥やかゆみの原因につながってしまいます。朝晩どちらもシャンプーしている場合も同様に乾燥しやすいのでご注意ください。

頭皮のニオイについて

頭皮のニオイは、男女ともに気になる問題です。

先ほどあったように、男性の頭皮の皮脂は女性よりも多い傾向があるため、ニオイ菌も増殖しやすく、頭皮のニオイが発生しやすいです。春先は急に気温が高くなって、汗腺や皮脂腺の動きが活発になり皮脂や汗などが毛穴につまりやすくなることも。頭皮環境が悪化しやすく、頭皮のニオイにつながることも少なくありません。女性の場合は、男性よりもニオイが発生しにくいとはいえ、香りに敏感な方も多く、頭皮のニオイが気になる方も多いです。ニオイケアするには、ただ洗い流すだけではなく、適切な対処が必要です。

春の頭皮ケアの方法

春の頭皮ケアには、以下のポイントが大切です。

  1. 適切な洗髪: 春は汗をかきやすい季節ですので、適切な洗髪を心がけましょう。しかし、過剰な洗浄は皮脂バランスを崩す原因となるので、適度な洗髪がポイントです。
  2. 頭皮マッサージ: シャンプー時に頭皮をマッサージすることで、血行が促進され、健康な頭皮環境を保つことができます。
  3. 頭皮用化粧水の使用: 頭皮用化粧水を使うことで、頭皮を保湿し、トラブルを防ぐことができます。

適切な洗髪

季節の変わり目の汗は、ニオイの元となる物質を含んだ悪い汗ともいわれています。また、春は花粉なども髪や頭皮に付着しやすいので、予洗いとシャンプーでしっかり洗い流しましょう。髪や頭皮のべとつきが気になる場合は頭皮クレンジングをつかったり、スタイリング剤などが髪にしっかり残っているときはプレシャンプーを使うなどの悩みに合わせて使い分けがおすすめです。

頭皮マッサージ

シャンプー時にスカルプブラシやシャンプーブラシを使ったり、指の腹で頭皮をマッサージすることでコリがほぐれ、血行促進につながります。髪の生え際や耳まわり、首筋などを意識するとよいでしょう。また、頭皮は顔の皮膚と繋がっているため、頭皮マッサージを習慣すれば顔のたるみやむくみ対策にもなります。

頭皮用化粧水の使用

適切な洗髪で余分なものを洗い流すことにプラスして、頭皮用化粧水やスカルプエッセンスなどを使用すれば、乾燥対策や髪や頭皮の悩み対策になります。

頭皮ケアは『未来の自分への投資』

頭皮の悩みは自分にはまだ先と思っていても、気づかない間に頭皮トラブルがすすんでいるかもしれません。30代を過ぎるころから、女性は産後など生活の変化で急に気づくことも。では、頭皮トラブルに気づいてから、ケアをはじめればいいのかというと、答えは△です。10代からカラーを楽しむ時代だったり、紫外線も昔に比べて強くなっているので、若いうちから頭皮にも負担がかかっています。また、髪の毛が生えかわるタイミングの周期などを考えると、頭皮ケアの効果を実感するまでに数か月かかることも少なくありません。効果を感じにくいこともあり断念する人も多いですが、年齢や悩みにあった頭皮ケアを続けることが重要です。

頭皮ケアは『未来の自分への先行投資』です。健康な頭皮があってこそ、きれいな髪も生み出されます。10-20代の場合は皮脂の分泌が多く、汗もかきやすい環境なので、スカルプシャンプーでしっかり余分な皮脂や汚れを洗い流すようにしましょう。30代以降は、ホルモンバランスの影響や皮脂の分泌が少なくなってくるため、乾燥対策として適度な保湿をこころがけましょう。

頭皮用化粧水・頭皮ケアスプレーの選び方

頭皮の乾燥対策として、頭皮用化粧水や頭皮ケアスプレーがおすすめです。選ぶ際には、以下のポイントに注目しましょう。

  • 保湿成分: どういった保湿成分が含まれているかどうかを確認しましょう。
  • 低刺激: アルコールが含まれていない、低刺激な商品を選ぶことが大切です。
  • 効果成分: 頭皮トラブルに効果的な成分が配合されているかどうかを確認しましょう。

春は頭皮トラブルにも注意しましょう

春の到来とともに、頭皮トラブルに注意を払いましょう。3-5月は乾燥や花粉などの影響を受けやすいため、適切なケアが必要です。頭皮用化粧水などを取り入れることで、頭皮をしっかりとケアし、健やかな髪を育てることができます。是非、この機会に頭皮ケアを見直し、美しい髪を手に入れましょう。

ネッツビーのおすすめ頭皮ケアアイテム

17種類のハーブと植物成分でスカルプケア。頭皮や髪への保湿成分としても優れたオレイン酸を含んだブドウ種子油やマカデミア種子油、ニオイケア成分としてカキタンニンなどを配合。メントール成分を配合していないため、敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。その他、リンゴ果実培養細胞エキスやプラセンタエキスを配合し、年齢とともに気になる悩みにもよりそった頭皮用化粧水。

頭皮にも使えるヘアマスク。ハイダメージ毛のケアだけでなく、薬剤臭をはじめとしたニオイケアにも。髪や頭皮をしっとり保湿してくれるサロンクオリティのこってりテクスチャ。

頭皮ケアアイテムをお探しなら ~netsbee各ECショップにて取り扱い中~

楽天市場店 〈頭皮クレンジング

楽天市場店〈頭皮用化粧水

yahoo店〈頭皮クレンジング

yahoo店〈頭皮用化粧水

auPAY店〈頭皮クレンジング

auPAY店〈頭皮用化粧水

季節の変わり目におすすめ<頭皮クレンジング>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です